概要

機器分析センターの概要

 九州工業大学機器分析センターは、各種の高性能大型分析機器を共同利用することにより研究及び教育上の利便を図るとともに、分析技術の研究、開発を行なう目的のもとに、省令施設として、平成5年4月に設置されました。
 センターの運営は運営委員会の統括のもとに行なわれますが、それぞれの機器は以下の6部門に分かれています。

1) 原子・分子構造解析部門
2) 表面解析及び界面分析部門
3) 構造解析部門
4) 元素分析部門
5) 生体機能解析部門
6) 試料作製・データ処理部門


 各装置にそれぞれ1名配置された専門委員によって実際上の管理運営が行なわれます。
 本学の機器分析センターでは、物性測定装置を集中管理するばかりでなく、各装置にコンピュータを直結し、得られたデータの正確かつ迅速な解析を支援しています。

Outline of KITCIA

Center for Instrumental Analysis(CIA) was established in April, 1993,
to encourage education and research in the fields of fundamental and
applied science by making available high-performance instruments
for chemica and physical analyses.
CIA makes every effort to promote joint utilization of the scientific instruments
installed here by reseachers on and off campus.
Specially, CIA contributes to technicaleducation through training in equipment operation and introducing modern instrumental analysis techniques.CIA consists of six sections:

1) Structural Analysis
2) Structural Analysis of Atoms and Molecules
3) Biological Function Analysis
4) Surface and Interface Analysis
5) Element Analysis
6) Sample Preparation and Data Analysis


In addition, The Center assists in constructing data bases of latest phisico-chemical information and in developing new analysis techniques.
The CIA building was just constructed in march, 1997