機器分析センター利用手順(学内用)

登録
年度初めに事務から登録案内が届きます。年度途中からも利用可能です。
            登録料   教授    20,000円/年
                   准教授  15,000円/年
                   助教   無料(ただし、登録は必要です。)

利用申込書、利用届
機器毎に利用申し込みおよび利用届(各機器毎に異なる)を提出して下さい。
(迅速な集計に必要です)
必要書類は機器室もしくは事務室にあります。
センター利用には支払責任者(教員)が必要です。

試料の準備・予約
操作員がいる機器では指示に従って試料の準備、使用日時を決定します。
操作員不在の機器では事務あるいは機器管理者(教員)に了解を取り、使用します。

講習会
年度初めに機器利用法の講習会が行われます。
受講しなければ使用できない機器もあります。途中から利用可能な装置もあります。
分析方法を習得した後、事務室で機器利用(予約)状況を確認し、予約します。
機器を利用します。

利用料金
ホームページに掲載されている料金表(学内)に従って料金が算出されます。
科研費、外部資金での支払も可能です。
(センター事務あるいは分析相談室にご相談下さい。)

謝辞
機器分析センターの装置等を利用して得られた成果を論文として公表される場合、謝辞にセンター機器を利用した旨を記して下さい。

利用報告
利用して得られた成果を公表された場合、次年度に別刷りを提出して下さい。
別刷りに利用機器名を明示して下さい。
センターを利用して得られた成果として機器毎にセンターニュースに掲載します。

公表論文がない場合は機器毎に利用報告書(様式自由)を提出して下さい。

※九州工業大学機器分析センターは、本学の職員、学生のみならずセンター長が
  適切と認めた場合には、一般民間企業からの依頼分析も行う方針です。
  申込方法についてはセンター事務にご相談下さい。