機器分析センター利用手順(学外用)

分析相談室にご相談下さい。
分析方法が判らない場合のご相談に応じます。

e-mail  b-soudan@kitcia.kyutech.ac.jp

本ホームページ上に分析相談のヒントがあります。ご参照下さい。

利用する機器を決めます。
機器操作員がいる場合、操作員と分析方法、利用日時を決定します。
専任の操作員が不在の場合、装置管理責任者と打ち合わせを行います。
(操作員が不在の場合、利用機器、日時を事務に届けて下さい)

試料の準備
利用日までに分析可能な状態に試料の準備(熔解、切断、研磨など)をします。
機器分析センターで準備可能な場合もあります。

必要書類
センターに分析を依頼する場合 ホームページ上の分析等依頼書(様式1)をダウンロードして太枠の必要事項を記入の上、センター事務室に提出して下さい。
ご自分で分析される場合、分析等依頼書(様式1)機器利用申請書(様式2)両方に太枠の必要事項をご記入の上、機器分析センター事務室にご提出下さい。郵送でも構いません。

利用料金
操作員がこのホームページに掲載されている料金表(学外料金)に従って料金を算出します。
ご確認下さい。
他大学関係の方、公的研究機関の方は、学内料金が適用される場合もあります。
年間を通して頻繁に分析を希望される場合、分析相談室にご相談下さい。
料金の支払い方法のご相談をお受けいたします。

※料金は学内料金の3倍を目安として下さい

支払い
センター事務を通して、本学会計課より、銀行振り込みの案内が届きますので、所定の口座に期日までに振り込んで下さい。

禁止事項
営利目的などで当機器分析センターの名前を勝手に利用することはできません。センター長の許可が必要です。

※九州工業大学機器分析センターは、本学の職員、学生のみならずセンター長が
  適切と認めた場合には、一般民間企業からの依頼分析も行う方針です。
  申込方法についてはセンター事務にご相談下さい。