原子吸光光度計(島津AA-6200)

                                              設置場所:機器分析センター試料準備室
分析できること
液体もしくは固体試料を溶液として、試料中の元素の同定および定量が行える。工場排水などの水溶液中に含まれる微量元素の検出に用いられる。非常に感度がよい。

分析原理
試料を高温中(多くはアセチレン-空気炎中や黒鉛炉中)で原子化し、そこに光を透過して吸収スペクトルを測定することにより、試料中の元素の同定および濃度既知の標準試料から得られた検量線を用いて定量を行なう。
特定の元素に対し高い選択性を示すため、多くの分野で無機質分析の公定法として採用されている。
一方、AASのスペクトル幅はきわめて狭いため、光源としては目的元素に特化したホロカソードランプを用いなければならない。
したがって、測定したい元素の数だけランプを用意しなくてはならず、多成分の試料を同時に測定するには難がある。

分析試料について
目的元素によっては混入した他元素によって妨害(干渉)を受けることがあり、試料の前処理等にも配慮する必要がある。
水素化物発生原子吸光法(HG-AAS) も可能である。
(試料溶液中のAs、Se、Teなどを水素化ほう素ナトリウム(NaBH4)で揮発性水素化物に還元し、これを加熱石英セルに導入して原子化する。水素化物を生成する元素に限られるが、高感度で測定することができる。)